2007年 04月 27日
           
スピーカーターミナル交換
「Studio Kuroのオーディオ日記」flashdaiyouryouさんのエントリ、「DS-251 MKⅡ レストア (スピーカー端子編)」に触発され、スピーカーターミナルを交換することにしました。

というのも、オリジナルのスピーカーターミナルは穴が細く、僕の使っているスピーカーケーブルの太さに合わないからです。とりあえず、線を半分くらい切って束ねて、突っ込んでいましたが、やっぱりターミナルを交換し、バナナプラグで結線しようという考えに至りました。

下(↓)がオリジナルのスピーカーターミナル
f0075181_22505156.jpg


で、オーディオに詳しい珈琲屋のマスターに、スピーカーターミナルを売っているような専門店が近くにないか訪ねると、なんと!!隣町福山市にあるというではありませんか。
早速今朝電話し、スピーカーターミナルがあるかどうか問い合わせると、欲しいものかどうかはわからないけど、あるにはある、という。
それで、電話の後、早速福山市へ向かうことに。
そのお店は、ミノルムセンというオーディオ専門店で、福山駅すぐ近く、駅前通り沿いに店がある。今まで全然気がつきませんでした。店長に話を聞くと、もう40年ほど前から営業している老舗だということでした。

店長にバナナプラグが差せるターミナルが欲しいことを告げると、すぐに出してくれた。
思っていたモノと同じものであって、とても嬉しかった。

実は、ネットにて調べ、麻布オーディオWeb店にちょうどピッタシサイズのものがあることは調べていたんだけど、送料払ってまで買うのもなぁと思っていたところだったので、嬉しかったんです。

ついでにバナナプラグも購入しました。

そこの店長は、話が好きなのか、まぁオーディオ専門店の店長であるから、オーディオ好きなのはわかるんだけど、店内に組んでいるオーディオで、クラシックやジャズ、ポップミュージックまで、いろいろ聴かせてくれた。
システムはMARANTZのCDプレイヤーに、LUX MANの真空管アンプ、HARBETHのスピーカーというものだった。めちゃくちゃ音が良く、やわらかく、素直な音で、ハイエンドオーディオというものはこんなに凄いのか、と圧倒されてしまいました。
おまけに、電源コードを変えるだけでも、全然音が違う!!ビックリ仰天でした。
さらに、CDの表面の静電気を除去する機械があり、CDを何回か繰り返しかけた後、その機械で静電気を除去すると、これまた、全く音が澄んでいる!!!
もうビックリ仰天しまくりでした。
店長さんの熱いお話を聞くこと1時間・・・スピーカーターミナル買っただけなのに長居したなぁ。
でも、オーディオにこだわる方の気持ちがよくわかりました。
僕は本当はこだわりたいけど、そこまでの余裕がないな・・・(^^;)

さて、その後、昼食を摂って散髪→鍼灸院→珈琲屋→電器店→ホームセンターと、今日はあちこち回りました。

家に帰ってから、早速、スピーカーターミナルの交換作業をしました。
ハンダ付けなんて、中学校以来じゃないだろうか、まぁなんとかかんとか繋げ、スピーカーターミナルの交換終了。
下(↓)のようになりました。
f0075181_2316398.jpg

スピーカーケーブルにバナナプラグを取り付け、ターミナルに差し込み、作業完了!!
音を鳴らしてみると、今までよりちょっとはメリハリの効いた音に変身したような感じがします。
めでたし、めでたし(^^)/
[PR]
by skanegon | 2007-04-27 23:19 | Daily
<< ボトル2種GET! 自転車グッズまとめ買い >>