2007年 08月 17日
           
25周年を迎えたCD
 8月17日は、世界初のCDが作られてからちょうど25年になるそうです。

 世界初のCDは1982年のこの日、ドイツにある蘭Philipsの工場で製造された。当時同社の傘下にあったレコード会社Polygramに所属していたABBAの「The Visitors」のCDだったという。
 CDの一般販売は1982年11月に日本で開始され、クラシック音楽を中心に約150タイトルが提供された。翌年3月には米国と欧州市場にも拡大。それから25年の間に、全世界で2000億枚を超えるCDが販売されたとPhilipsは報告している。これまでに販売されたCDを全部積み上げると、地球を6周する長さになるという。
 CD規格はPhilipsとソニーが1979年、新しいデジタルオーディオディスクを目指して開発を開始した。当初は1時間分のオーディオコンテンツが収まる容量を目指していたが、ベートーベンの「交響曲第9番」を収録できるよう、74分に拡大した。
 「音質が優れ、傷に強いCDの発明は音楽業界の技術革命の先駆けとなり、アナログからデジタル音楽技術への転換の始まりとなった」とPhilipsは発表文で述べている。


地球6周分=約24万kmに反応してしまったんですが、
約24万km=240,000,000,000mm
これを2000億で割ると、厚さ0.12mmになるんですが・・・。
CDって厚さ1mmくらいはあると思うんですけど・・・。
約240万km=地球60周分の間違いではないのかなぁ・・・。
2000億枚もCD重ねたら、月までの距離なんて一気に超えてしまいそうなくらいはあるように思うのですが。
ま、これはちょっと気になったということで・・・さておき、今日は記念日なのです!!!

僕がCDを最初に買ったのは中学1年のときで、23年前のことかぁ。
この最初に買ったアルバム、つい2年ほど前にうっかり落としてヒビを入れてしまったんだよな(^^;)
[PR]
by skanegon | 2007-08-17 20:07 | Daily
<< 松江 京都 五山送り火 >>