2007年 10月 01日
           
緊急地震速報スタート
10月1日、今日から緊急地震速報の提供が開始されました。

「緊急地震速報」とは、地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。
f0075181_21404871.jpg


この情報を利用して、受信して列車やエレベーターをすばやく制御させて危険を回避したり、工場、オフィス、家庭などで避難行動をとることによって被害を軽減させたりすることが期待されます。

詳しくはコチラ↓をご覧ください。
f0075181_21432233.jpg
f0075181_21433578.jpg

ただし、緊急地震速報には、情報を発表してから主要動が到達するまでの時間は、長くても十数秒から数十秒と極めて短く、震源に近いところでは情報が間に合わないことがあります。また、ごく短時間のデータだけを使った情報であることから、予測された震度に誤差を伴うなどの限界もあります。緊急地震速報を適切に活用するためには、このような特性や限界を十分に理解する必要があります。
f0075181_21451112.jpg


上記のように、観測から情報伝達にかかるまでに限界があることは確かですので、限界があることを承知の上で、今後の地震速報を利用していく必要があります。

なお、気象庁HPに緊急地震速報についてのページがありますので、詳しくはそちらでご覧になってみてください。

参考:気象庁HP「緊急地震速報について」
[PR]
by skanegon | 2007-10-01 21:50 | Science
<< 珈琲の日 BOSS 贅沢微糖 >>