2007年 06月 29日
           
月と五円玉
“Blue Moon”が近づいているということで、月に関するネタを一つ。

天体の形を円とみなし、その半径を視半径という。

月の視半径は角度で約15分(角度1°=60分)で、大人が五円玉を持って手をいっぱいに伸ばしたとき、五円玉の穴の大きさにほぼ相当する。

実際に五円玉を通して月を覗くと、本当にぴったりなので妙に感心してしまう。

ただし、腕の長さの個人差と月までの距離の変化によって、見かけの大きさに変化があります。 
[PR]
by skanegon | 2007-06-29 00:24 | Science
<< 高知芸西村の海岸 Blue Moonが近づいてい... >>