人気ブログランキング |
           
2007年 05月 15日 ( 2 )
2007年 05月 15日
           
尾道の商店街をぷらぷらと
ちょっと郵便局の本局に用事があったので、ついでに尾道の商店街をぷらぷらしてみました。

f0075181_17352177.jpgコチラ→

僕がよく利用するアウトドア専門店「アシーズブリッジ」の尾道店です。

店舗は小さいけど、中はとても充実しています。

この度は特に中に入らず、外観だけをパシャリ!

f0075181_17384922.jpg続いて、「高原誠吉商店」へ。
ここのご主人とは、行きつけの珈琲屋さんでよくお目にかかり、いろんな話を聞かせて頂いています。
さらに、息子さんがやっている「高原誠吉食堂」(快食案内サーチより)という居酒屋というか料理屋さん(京風料理)は、尾道の中でも行きつけにしているお店の一つで、そういったご縁もあるところです。
話を戻して、この「高原誠吉商店」は明治40年創業の荒物屋で、木製品、竹製品、日用雑貨が所狭しと並べてあるお店。

見ていると素朴なものばかりで、値段も手頃なものばかり。

ついつい↓の3点を買い求めてしまいました。

イ草の箒(ほうき)とイ草のスリッパ(一つは糊付けが良くないからとサービスしてくれた)、それから漆塗りのお箸。
お箸は握り部分がガサガサしていて握りやすそうだし、黒塗りの中にところどころ赤色がチラリとのぞいているので、速攻気に入ってしまいました。
f0075181_1758479.jpgf0075181_17582790.jpg
f0075181_1813657.jpg

ほんの30分ほどだったけど、尾道らしい、ゆったりした時間が流れている商店街を堪能しました。

海岸通りに出てみると、↓のような尾道水道の景色。
やはり良い街だ、尾道。
f0075181_1875230.jpg
f0075181_188421.jpg

by skanegon | 2007-05-15 18:09 | Daily
2007年 05月 15日
           
地球内部の動きが「見える」 「可視化」の技術を開発
地球内部の動きが「見える」 「可視化」の技術を開発(asahi.com)
f0075181_23343065.jpg
(画像はasahi.comより)

「可視化」された地球の核の内部。3Dメガネをかけると、立体的な映像が浮かび上がる=横浜市金沢区の海洋研究開発機構で

スーパーコンピューターの膨大な数値実験の結果を立体的に表現し、直感的な理解を助ける「可視化」技術を、海洋研究開発機構の地球シミュレータセンター(横浜市)が開発した。1辺3メートルの立方体で、前面、左右、足元の計4面がスクリーンになった装置の中に、特殊な眼鏡をかけて入る。

 地球内部(外核)に仮想的に入って、地磁気をつくる液体金属の動きを見た。手に持つ装置で指示すると、流れを示す光跡が現れ、色の違いで速さを示した。固体の内核が丸く見える。光跡を横切り反対側から見るなど、いろいろな角度から見られる。部分の拡大もできる。太陽表面の爆発現象や台風内部の大気の動きなどにも応用でき、さまざまな現象の研究に役立つ。

 担当の陰山聡グループリーダーは「シミュレーション結果は数字の固まりに過ぎない。見えるようにすることで、従来注目されていなかった現象の発見につながる」という。今のところ、一般公開はしていない。


数字で表された(あるいは数式で表現された)データというのは、なかなかわかりづらいものです。(逆の場合もあるのですが)
固体および流体の運動が可視化されることで、直感的に理解(認識・観察)できるということは、非常に画期的なことだと思います。

今のところ、一般公開はしていませんが、観られるものなら観てみたいなぁ。

ちなみに、
「失敗恐れないで」ハイリスク研究に補助金 文科省検討(asahi.com)(興味がおありだったらご一読ください)

こういう積極的な姿勢に方針転換されることは、研究者にとっては歓迎されることかと思います。
ある程度成果が見込まれたようなこと(結論が計画段階からわかっていること)にお金を費やすより、野心的で冒険心のある研究こそが「研究」であると考えます。
そういった環境づくりを推進することが望ましいし、本来の姿かと思います。
ただ、「最先端」と名のつく科学分野にだけ傾倒せず、基礎科学分野へも光がちゃんと差し込むよう願うばかりです。
by skanegon | 2007-05-15 00:21 | Science