人気ブログランキング |
           
<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
2007年 05月 26日
           
東京#1
先週17日(木)の夕方に東京入りしました。
それが15日(火)にオフ会があるという連絡を受け、当初16日(金)に東京入りする予定を前倒しして、生涯初のオフ会に参加させて頂きました。
(写真はありません(^^;) あしからず・・・)
f0075181_11355181.jpg


More
by skanegon | 2007-05-26 02:38 | Travel
2007年 05月 25日
           
i Phone  衝撃のビジネスモデル
f0075181_23313016.jpg
今日、珈琲屋の帰りに、ある時代小説を買おうと思って書店に立ち寄った。
求めていた本の場所を確認して、雑誌や新書のコーナーをふらふらと見ていると、 「i Phone」の文字が目に飛び込んできた!
なぬっ!と思って、即買い。
内容はまだこれから読みますが、「i Phone」については、今年の1月9日にMacWorld San Franciscoで、アップルのCEO、スティーブ・ジョブスが発表した革命的な携帯電話です。
発表の詳細については、アップルのHP中にあるリリース(http://www.apple.com/jp/news/2007/jan/10iphone.html)で見ることができます。
ちなみにこの新書自体も、5月20日発行と新しいものです。
i Pod&i Tunesで大成功したアップルが、「i Phone」によって、今後どんなビジネスモデルを展開していくのか、ユーザーとしては大変注目すべきところです。
日本で利用できるようになるのはいつのことになるのかなぁ・・・。
f0075181_2341636.gif

by skanegon | 2007-05-25 23:32 | Book
2007年 05月 25日
           
つぶろぐ
エキサイトの新サービス、ということで、t2minaさんのブログ「footprint」で知りました。

つぶろぐ

エキサイト、いろんなサービスを次から次へと展開してるなぁ。

ちなみに、最初に、「skanegonさんはまだつぶやいていません」って言われてしまいました(^^;)

まぁそれは大目にみるとして(笑)、つぶやいた言葉がブログのサイドバーに反映されていないのはなぜ??
時間がかかるのかなぁ。

まぁ様子をみてみましょう・・・・・・。
by skanegon | 2007-05-25 00:57 | Daily
2007年 05月 24日
           
生ハム
f0075181_2112114.jpg
久しぶりに食べました。
とある珈琲屋で・・・(バレバレですね(^^;)
これ、マスターの自家製です。
めちゃ美味かったです。
おまけに、カレーまでご馳走になりました(^^)/

今日は、散髪した帰りに寄ったのですが、久しぶりにママもいらして、靴の話で盛り上がりました。
お二人ともファッションに関しては、相当な通です。
僕はファッションに関しては疎いので、知らない単語やら、ブランドがたくさん出てきて、メモしまくりでした。

ここに行くと、何かしらいろんな話題が出て、とても為になります。

東京から帰ってきてはじめて行きましたが、やっと尾道に帰ってきたという感じがした今日の午後でした。

f0075181_21183988.jpg

by skanegon | 2007-05-24 21:18 | Daily
2007年 05月 23日
           
呑んでます
先週は東京で散々呑んだのに、今日もダブルヘッダーで呑みです。

一つは、大学の研究室の新歓コンパ。
もう一つは、元同僚で先輩お二人のいつものメンバーと。

現在、JRにて移動中です。

重なる時というのはあるもので、こんなもんです。

気心知れた仲間に囲まれて、これ以上の幸せはありません。
今宵も大変幸せです。

f0075181_2110394.jpg

by Skanegon | 2007-05-23 22:07 | Daily
2007年 05月 18日
           
東京にて
f0075181_2452346.jpg

素晴らしい方々とお目にかかることができました。

そして、美味しいビールと共に、楽しい一時を過ごしました。

今日お会いした方々皆様に感謝です。
by Skanegon | 2007-05-18 02:45 | Daily
2007年 05月 16日
           
茄子の煮びたし
f0075181_20281584.jpg
たまには料理の写真でも載せてみましょう。
アピールアピール!!
(普段ちゃんと自炊していますが、写真に撮る前に食っちゃってます(^^;)
という前に、写真でお見せできるような料理を作ってないっていう話でもありますが(爆)

普段は豚バラ肉で作るんですけど、今回は、高知へ向かう途中で美味しそうなベーコンを見つけて買っていたので、それを使いました。(高知レポするにはまだ時間かかりそうだなぁ)
実際なかなか美味なベーコンでした。
おまけにスナックエンドウも添えて。

これから茄子が美味しくなりますね。
by skanegon | 2007-05-16 20:34 | Daily
2007年 05月 15日
           
尾道の商店街をぷらぷらと
ちょっと郵便局の本局に用事があったので、ついでに尾道の商店街をぷらぷらしてみました。

f0075181_17352177.jpgコチラ→

僕がよく利用するアウトドア専門店「アシーズブリッジ」の尾道店です。

店舗は小さいけど、中はとても充実しています。

この度は特に中に入らず、外観だけをパシャリ!

f0075181_17384922.jpg続いて、「高原誠吉商店」へ。
ここのご主人とは、行きつけの珈琲屋さんでよくお目にかかり、いろんな話を聞かせて頂いています。
さらに、息子さんがやっている「高原誠吉食堂」(快食案内サーチより)という居酒屋というか料理屋さん(京風料理)は、尾道の中でも行きつけにしているお店の一つで、そういったご縁もあるところです。
話を戻して、この「高原誠吉商店」は明治40年創業の荒物屋で、木製品、竹製品、日用雑貨が所狭しと並べてあるお店。

見ていると素朴なものばかりで、値段も手頃なものばかり。

ついつい↓の3点を買い求めてしまいました。

イ草の箒(ほうき)とイ草のスリッパ(一つは糊付けが良くないからとサービスしてくれた)、それから漆塗りのお箸。
お箸は握り部分がガサガサしていて握りやすそうだし、黒塗りの中にところどころ赤色がチラリとのぞいているので、速攻気に入ってしまいました。
f0075181_1758479.jpgf0075181_17582790.jpg
f0075181_1813657.jpg

ほんの30分ほどだったけど、尾道らしい、ゆったりした時間が流れている商店街を堪能しました。

海岸通りに出てみると、↓のような尾道水道の景色。
やはり良い街だ、尾道。
f0075181_1875230.jpg
f0075181_188421.jpg

by skanegon | 2007-05-15 18:09 | Daily
2007年 05月 15日
           
地球内部の動きが「見える」 「可視化」の技術を開発
地球内部の動きが「見える」 「可視化」の技術を開発(asahi.com)
f0075181_23343065.jpg
(画像はasahi.comより)

「可視化」された地球の核の内部。3Dメガネをかけると、立体的な映像が浮かび上がる=横浜市金沢区の海洋研究開発機構で

スーパーコンピューターの膨大な数値実験の結果を立体的に表現し、直感的な理解を助ける「可視化」技術を、海洋研究開発機構の地球シミュレータセンター(横浜市)が開発した。1辺3メートルの立方体で、前面、左右、足元の計4面がスクリーンになった装置の中に、特殊な眼鏡をかけて入る。

 地球内部(外核)に仮想的に入って、地磁気をつくる液体金属の動きを見た。手に持つ装置で指示すると、流れを示す光跡が現れ、色の違いで速さを示した。固体の内核が丸く見える。光跡を横切り反対側から見るなど、いろいろな角度から見られる。部分の拡大もできる。太陽表面の爆発現象や台風内部の大気の動きなどにも応用でき、さまざまな現象の研究に役立つ。

 担当の陰山聡グループリーダーは「シミュレーション結果は数字の固まりに過ぎない。見えるようにすることで、従来注目されていなかった現象の発見につながる」という。今のところ、一般公開はしていない。


数字で表された(あるいは数式で表現された)データというのは、なかなかわかりづらいものです。(逆の場合もあるのですが)
固体および流体の運動が可視化されることで、直感的に理解(認識・観察)できるということは、非常に画期的なことだと思います。

今のところ、一般公開はしていませんが、観られるものなら観てみたいなぁ。

ちなみに、
「失敗恐れないで」ハイリスク研究に補助金 文科省検討(asahi.com)(興味がおありだったらご一読ください)

こういう積極的な姿勢に方針転換されることは、研究者にとっては歓迎されることかと思います。
ある程度成果が見込まれたようなこと(結論が計画段階からわかっていること)にお金を費やすより、野心的で冒険心のある研究こそが「研究」であると考えます。
そういった環境づくりを推進することが望ましいし、本来の姿かと思います。
ただ、「最先端」と名のつく科学分野にだけ傾倒せず、基礎科学分野へも光がちゃんと差し込むよう願うばかりです。
by skanegon | 2007-05-15 00:21 | Science
2007年 05月 14日
           
「最も明るい超新星」確認 NASAが発表
「最も明るい超新星」確認 NASAが発表(asahi.com)
f0075181_23154653.jpg
画像はasahi.comより。

『チャンドラX線観測衛星がとらえた「最も明るい超新星」(右上)。自らが属する銀河の中心(左下)と同じぐらい明るい=NASA提供』

昨秋見つかった超新星(SN2006gy)は観測史上最大で、最も明るい超新星であることを、米チャンドラX線観測衛星が突き止めた。米航空宇宙局(NASA)などが7日発表した。星の重さは太陽の約150倍。星の一生や、宇宙空間に存在するさまざまな元素の起源を探る手がかりになりそうだ。

 超新星は星の最期の大爆発。この超新星は昨年9月18日、ペルセウス座の方角、地球から約2億4000万光年離れた銀河の中で見つかった。

 超新星の明るさは、ふつうは爆発の数日〜数週間後が最大になる。ところが、この超新星は爆発の70日後に明るさが最大になり、3カ月間は過去のどの超新星よりも明るかった。いまも自分が属する銀河の中心と同じくらい輝いているという。

 こうした爆発は宇宙誕生後の初期に多く起こり、炭素、酸素、鉄などの元素を宇宙空間に放出したとされる。これらの元素は地球で生命が誕生した際の材料になったとされている。


自分の属する銀河と同じぐらいの明るさで輝いているなんて凄すぎる!!

2億4000万光年離れた銀河ということは、今見ている姿は、2億4000万年前に放たれた光ということです。

ちょうどその頃、地球では、「地球史上最大の生物絶滅事件」が起きていました。
(超大陸パンゲアが分裂を開始し、それに伴う火山活動のために大気中に粉塵が撒き散らされ,光合成活動が停滞し,長期の酸素欠乏状態に陥り、海に棲んでいる無脊椎動物が最大で96%絶滅したと見積もられています。)
by skanegon | 2007-05-14 23:29 | Science